太陽光発電と日陰の関係

太陽光発電を利用する時に、気をつけなければならない要素として、日陰の問題があります。

日光を浴びてソーラーパネルが発電するという仕組みである以上、この問題は避けられません。日陰ができるということは、それだけ日の光が当たらなくなり、発電量が落ちてしまいます。少しくらいなら大丈夫だろうと考えている人もいますが、短時間ならともかく長期間それが続くことを考えると、甘く見てはいけません。

日陰になると発電量が著しく低下するので注意が必要

ソーラーパネルの発電量は、前面に直射日光が当たっている状態を基準に考えられます。これが曇りの時になると発電量は半分以下に落ちてしまい、雨天ともなれば1割ほどになってしまいます。どれだけの日陰が出来てしまうのかにもよりますが、場合によっては常に曇りの時と同じ発電量になってしまうこともあるので、太陽光発電において日陰は天敵とも言える問題なのです。

周囲に遮蔽物が何もなければ、この問題は特に考えなくても良いでしょう。

しかし周囲に高い建物がある場合は、その影響について考えていかなければなりません。時間帯によって太陽の位置は変わり、影の出来方も変わります。そこでポイントになるのは、一番日光の量が多い時間帯に日陰が出来てしまうのかです。

朝の早い時間や夕方の時間に日陰が出来るくらいなら、問題ないという判断も出来ますが、昼間の時間に日陰が出来るなら導入自体を検討し直す必要もあります。

日陰に強いソーラーフロンティアのC・I・S太陽電池

他にもある日陰の問題は、発電中に一部が日陰で隠れてしまうと、その部分が電力の伝達を阻害する抵抗になってしまうことです。

しかしバイパスを通して効率の低下を避ける機能を持ったソーラーパネルもあるので、日陰の問題が気になる場合は相談した方が良いでしょう。このようにソーラーパネルのメーカーによって品質や性能は異なり、日陰に強いパネルを使うという方法もあります。

ソーラーフロンティアでは、薄膜系モジュールとC・I・S太陽電池の効果から幅広く光を吸収するので効果的です。今は良くても、周囲に大きな建物が建ったために日陰ができるということもあるので、太陽光発電を活用するなら日陰が出来るのかどうかは、しっかりとチェックするようにしましょう。

Copyright© 2015 福岡の太陽光発電設置業者で口コミ・評判が良い企業BEST5 All Rights Reserved.