太陽光発電が故障した場合

太陽光発電はメンテナンスフリーと言われる商材なので故障しにくいというイメージがあるかと思います。
シャープ製の太陽光発電システムは50年稼働しているし京セラの太陽光発電は30年以上も発電し続けていますので、太陽光発電は一度設置してしまえばずっと発電できるのではないかという思ってしまいます。

確かに太陽電池モジュールはメンテナンスをしなくても半永久的に使い続けることができますが、太陽光発電システムであるパワーコンディショナーや接続箱などの電気機器は故障してしまう可能性があります。システムの一部でも故障して使えなくなると発電しても売電することも出来なくなるので注意が必要です。

故障はパワコンのエラー表示や発電モニターなどで確認することができるので日ごろから見るようにしておきましょう。また、売電収入が入ってくる通帳もチェックするのもいいですね。

故障や違和感を感じたら設置業者に連絡しよう

システムの一部が故障するケースも数多くありますが、何か異変を感じたら太陽光発電システムを設置した販売店に連絡するようにしてください。連絡する際は分かる範囲で多くの情報を伝えるようにしてください。

「何か変だからすぐに来てくれ!」という対応でも販売店は来てくれるかもしれませんが、もし勘違いや電話で解決できるようなことであればそれに越したことはありません。今起きていることを伝えれば販売店からの指示があると思うので従いましょう。

トラブル時の対応は販売店によって異なりますので一概には言えませんが、地域密着で活動している販売店はすぐに対応してくれます。県外の販売店だと距離があるので対応が遅くなったりもしますので、できることなら太陽光発電を設置する前に確認しておきましょう。

設置する場所が福岡であるならば、設置する業者は福岡の会社を選びましょう!

地元福岡の太陽光発電設置業者best5

Copyright© 2015 福岡の太陽光発電設置業者で口コミ・評判が良い企業BEST5 All Rights Reserved.