2015年の太陽光発電をメリット・デメリットから考える

太陽光発電は、エコの観点からとても注目されているものの一つです。経済的にもメリットがあるため、積極的に導入を進めてくる業者もたくさんあり、興味を持っている人もたくさんいます。しかし注目されているからという理由だけで、選んで良いものでもありません。まずしっかりメリットとデメリットについて調べて、納得できるものなのかどうかを確認してみてください。

太陽光発電のメリット・デメリット

太陽光発電のメリットとしては、日光さえあれば光熱費の削減ができ、さらには売電でお金が入るという点があります。導入費用自体は高いものの、積極的に勧められていることから補助金で安くすることもできます。

このようなお金についてのメリットが目立つものですが、災害時には発電した電力を使用できるので、電線などのトラブルがあっても最低限のライフラインを維持できるところも魅力的です。近年は競争が激しくなり、設置費用もどんどん安くなっているのもポイントです。

逆に太陽光発電には、どのようなデメリットがあるのかということですが、まず大きな問題として不安定さがあります。全国的に見て日照量が多い地域ならデメリットとしては小さなものになりますが、それでも天候などの問題から発電量は大きく変わります。

また現在も研究が続いているとはいえ、変換効率はそれほど高くありません。これらのことから、劇的に経済面への効果があるかどうかは疑問が残ります。また一度設置したら引っ越し先へ持って行くことができないところもあります。

2015年の太陽光発電事情まとめ

2015年からの太陽光発電は、6月に29円/kWh、7月以降は27円/kWhへと買取価格が低下していきます。

今後も買取価格は変化していくとは言え、これは歓迎できることではありません。一時期は新規買い取りを中断することもあったことに比べれば、それほど大きな問題には見えませんが、この数円の差も長い期間で見ると大きなものになっていきます。そこで少しでも損をしないように、しっかりとした太陽光発電システムの導入が求められていきます。

Copyright© 2015 福岡の太陽光発電設置業者で口コミ・評判が良い企業BEST5 All Rights Reserved.