太陽光発電システム施工に必要な資格はどんなものがあるのか

急速に普及している太陽光発電ですが、実はまだまだ人手不足に悩まされている業界とも言えます。

もちろん需要があってこそなのですが、太陽光発電が設置可能な家屋の数に対して施工のできる技術者の数が不足していることから、伸び悩んでいるところもあります。しっかりとした資格が必要なものなので技術者不足におちいっていますが、それでは太陽光発電工事に必要な資格には、どんなものがあるのかという話になります。

各メーカーの施工IDと電気工事の資格は必須

重要な資格として、それぞれのメーカーが発行する施工IDがあります。メーカー製品を取り扱う場合は必須とも言えます。これを持たずに施工された太陽光発電システムは、メーカー保証が受けられないという大きなデメリットがあるのです。

またメーカーによっては電気ID資格が必要になることや、そもそも電気工事を行うので、第一種または第二種の電気工事資格が必要になります。出力が50KW以上の場合は、電気主任技術者の届出も必要です。

押さえておきたいPV施工技術者制度

必須というわけではありませんが、優れた太陽光発電施工技術者であることの証明として、PV施工技術者制度があります。

これは一定水準の知識・技術を持った人に与えられるもので、これを持っているのか持っていないのかで信頼度が変わってくる場合もあります。工事をする以上、資格は必須となりますが、その上で確かな評価を受けているのかどうかで安心感は変わってきます。

そういう意味では、失敗しない太陽光発電業者選びで、PV施工技術者であるかどうかは大きな意味を持ってきます。

実際のところ、しっかりとした技術資格を持たずに太陽光発電の施工をしているところもあります。もちろんこれは限られたものですが、そんなことをしているのは悪質な業者です。何かトラブルが起きた時には対処してもらえず、安い工事費に惑わされて結果的に大損をしてしまう可能性が高いのです。

そうならないためにも、太陽光発電の業者を探す時には、しっかりと資格を取得しているのかどうかはチェックしましょう。

Copyright© 2015 福岡の太陽光発電設置業者で口コミ・評判が良い企業BEST5 All Rights Reserved.